Mother,Child,Family,Healthの歴史を創造する

行政機関を通じての保険教材配布事業への広告協賛・協賛品提供

対象者妊産婦/乳幼児/成人女性/高齢者/介護を必要とする家庭など
配布方法
 
 
(1)市区町村の母子保健、成人保健指導窓口より配布
(2)市区町村で実施している乳幼児健診時に配布
(3)地域包括支援センター・保健福祉センター(主に介護関係)を通じて配布
配布物保健指導時に有用な教材・協賛品など
協賛内容教材制作への広告協賛・協賛品

1 信頼性の高い行政機関からの情報提供

制作する教材は、自治体の保健機関に有用な厚生労働省発表の指針等をふまえたものであり、中立性かつ信頼性の高い情報をまとめた財団発行の啓発冊子です。
独自のルートでさまざまな分野のオピニオンドクターの指導のもと、母子保健啓発教材は、公益財団法人母子衛生研究会より制作・配布いたします。その他成人保健(主に成人女性、介護を必要とする家庭への啓発など)の啓発教材についてもお問合せください。

2 対象者へ確実に到達

(1)妊産婦・乳幼児
妊娠期はわずか10か月、あっという間です。妊娠期の女性が必ずお世話になる市区町村の窓口で、指導用教材・協賛品を提供することが可能です。赤ちゃんや妊産婦本人の健康に対して意識の高い時期に情報提供・協賛品の提供が可能です。

(2)成人保健
生活習慣病対策や、介護が必要なご家庭では、有用な保健情報を求めています。自治体ではその解決になるような情報の提供を求めており、そのタイミングで情報提供や協賛品の提供をすることが可能です。

お問合せ

 公益財団法人母子衛生研究会が行う事業へ協賛することにより、自治体等保健機関を通じ教材制作の配布が可能です。
 詳細は、こちらよりお問合せください。