Mother,Child,Family,Healthの歴史を創造する

e-mono e-情報

おもちゃと遊び

生まれてすぐのころから、赤ちゃんに大切なおもちゃと遊び

成長にあわせた遊びが赤ちゃんを育てます
 赤ちゃんはさまざまな可能性をもって生まれ、さまざまな能力を獲得していきます。赤ちゃんにとって、生まれてから数か月、さらに2~3歳までの間は視覚、聴覚、運動能力など、あらゆる能力を獲得するための感受性が増しているとても重要な時期です。
 その時期の赤ちゃんの成長発達に刺激を与えるのに役立つのがおもちゃです。生後まもなくの赤ちゃんはおもちゃに興味を示していないように見えても、実は、成長発達に大切な刺激を受けています。とくに一日のほとんどを部屋の中で過ごす生後まもない赤ちゃんには、ママ・パパが相手をしてあげることが大切です。
 生まれてすぐに使えるおもちゃは、出産前からじっくり選んでおくこともよいでしょう。楽しいだけでなく、成長発達にも役立つおもちゃを使って一緒に遊び、赤ちゃん本来の力を引き出してあげましょう。
発達にあったおもちゃを選びましょう
〈生後0〜2か月のころ〉
 耳は聞こえていますが、視覚は誕生後から発達します。やさしい音のするおもちゃやゆっくり揺れるおもちゃで赤ちゃんの聴覚・視覚におだやかな刺激を。
〈生後3〜4か月のころ〉
 自分の手に興味が出てくる時期。両手を目の前でもみもみしたり、しゃぶったり。おもちゃもやわらかく、なめても安全なものを用意するとよいでしょう。
〈生後5〜6か月のころ〉
 寝返りや足指しゃぶりなど動作が活発になる時期。ものに手を伸ばすなども始まるので、ふれると音が鳴る、動くといったおもちゃが大好きになります。
おもちゃは与えっぱなしにしないこと
 大切なポイントは「安全」であることと、与えっぱなしにせず、いっしょに遊んであげることです。いっしょに遊ぶことで、日々の成長を実感できるでしょう。
▼商品 ▼企業
フィッシャープライス レインフォレスト デラックスジム フィッシャープライス レインフォレスト デラックスジム マテル・インターナショナル株式会社
スコッティ ノンアルコール除菌ウェットティシュー スコッティ ノンアルコール除菌ウェットティシュー 日本製紙クレシア