Mother,Child,Family,Healthの歴史を創造する

e-mono e-情報

通信販売・レンタル・専門店

用品のセレクト・購入は専門のショップで

カタログやネットで用品をチェック
 マタニティ用品やベビー用品は、愛らしいデザインのものもいっぱい。「こんなにいろいろある」と驚いたり、うれしくなったりする一方、何を選べばいいのかよくわからなくなることももしばしばです。
 そんなときは、まずママ&ベビー向けの専門ショップやカタログをチェック。ながめていると、おおよそ必要な品や、傾向もわかってきます。
 便利なのは、通信販売でしょう。カタログ、インターネット上でのショッピングなど、自宅であれこれセレクトできます。マタニティ用品やベビー用品はほとんどのものがそろいますし、季節感のある品はもちろん、サイズやデザインも豊富で、質の高いものもたくさんあります。内祝いの品も、伝統的な詰め合わせからセンスのよい日用品までいろいろあります。
短期使用や大きなものはレンタルがおすすめ
 短期間しか使用しないものは、レンタルも便利です。ベビーベッドなどはもちろん、加湿器など種類も豊富です。金額は、借りる用品の種類や期間によって違います。購入するのに迷ったときは、先にレンタルで試してみるのもよい方法です。
相談しながらセレクトできる専門店やデパート
 専門店やデパートは、自分の目で商品をチェックでき、販売員から商品の購入や使い方などアドバイスをもらえるのがいい点です。外出&ショッピングはストレス解消にもなりますし、割引価格で購入できる専門店もあるので、一度のぞいてみるとよいでしょう。
 また、定期的にお母さんと赤ちゃんの保健相談を無料で実施しているお店(詳しくは赤ちゃん&子育てインフォの「あなたの街の相談室」を参照)もあります。妊娠中はもちろん、赤ちゃんが生まれてからも、こんな相談の場を活用するといいでしょう。

用品 目安数 必要度 アドバイス
衣類 短肌着 3~5 春~秋まで短肌着+ベビーウエアでOK
長肌着 2~3 枚数や着せ方は季節に応じて
兼用ドレス 3~5 上下一体型が便利です
おくるみ 1 バスタオルでも代用できます
おむつ
用品
紙おむつ 1パック 新生児用を。必要に応じて買い足して
おむつ用バケツ 2 紙でも布でもバケツは必要。ふたつきを
布おむつ 30組 布おむつならこの枚数が目安
おむつカバー 3~4 新生児用を
おむつ用洗剤 1 低刺激性なら、大人用でもOK
授乳・
衛生用品
ブラジャー 2~3 産前・産後兼用タイプも便利
母乳パッド 1パック タオルでも代用できますが、あると便利
哺乳びん 1 母乳育児でも白湯などに使います
哺乳びん乳首 1 最初は新生児用を
哺乳びん用洗剤 1 天然素材のものを
哺乳びん消毒用品 1 消毒方法にあわせて準備を
びんブラシ 1 すみずみまで洗うのに必要
綿棒 1パック 個包装タイプも衛生的
脱脂綿・清浄綿 1 ママ、赤ちゃん、両方のケアに
ガーゼハンカチ 10 沐浴や赤ちゃんの顔をふくなど大活躍
つめ切り 1 ベビー用を準備しましょう
体温計 1 ベビー用は必需品
体重計 1 レンタルを利用するのも方法
沐浴・
おふろ
用品
ベビーバス 1 短期間の使用なのでレンタルも便利
湯温計 1 一つあると便利
バスタオル 2 ベビー用のものもあります
沐浴布 1 ガーゼタオルや薄手のタオルでもOK
ベビー用洗浄剤 1 ベビー用石けんや全身シャンプーなど
ベビーオイル 1 肌のケアなどいろいろ使えます
家具・
寝具ほか
ベビー布団 1組 季節を考えて購入します
温湿度計 1 快適なお部屋の目安に
収納用品 適宜 小物を入れるバスケットなども必要
A型ベビーカー 1 外出の頻度を考えて
チャイルドシート 1 必需品。法律で義務づけられています
マークはレンタルでもいいでしょう