Mother,Child,Family,Healthの歴史を創造する

e-mono e-情報

ママ&ベビーの安心フーズ

バランスのよい食事が健やかな妊娠・出産のカギ

妊娠中に健やかな食習慣の確立を
 健やかに妊娠期間を過ごし、出産を迎えるため、そして健やかな赤ちゃんを産み育てるためには、ふだんから栄養のバランスに気をつけることが大切です。『妊娠中と産後の食事の目安』 を参考に、いろいろな食品をかたよりなく、適切な量でとりたいですね。
 食事は「主食」「主菜」「副菜」「汁物」がそろった「一汁三菜」の和食を基本に考えると、栄養のバランスがよくなります。
 ポイントは、「主食」を中心にエネルギーをしっかりとること。「副菜」には緑黄色野菜や海藻、きのこ類を積極的に加え、不足がちなビタミン・ミネラルをたっぷりとります。また牛乳・乳製品など、多様な食品を組み合わせ、カルシウムも十分にとりましょう。からだづくりの基礎となる「主菜」は肉・魚・卵・大豆製品をバランスよく適量とりましょう。
 出産後、母乳をよく出すためにも、バランスのよい食事が大切です。妊娠中にかたよりのない食習慣を確立できるよう努力しましょう。わからないことは、母親学級などで栄養士に相談してみるといいですね。
妊娠中、特に積極的にとりたい栄養は…
 妊娠中は貧血になりやすいので、鉄分を多く含んだ食品をとることも大切です。生まれてくる赤ちゃんの骨や歯をじょうぶにするため、カルシウムのほか、ビタミンA・C・Dを含む食品もバランスよくとりましょう。
 また、葉酸は、妊娠前から妊娠初期にかけて適量を摂取することが大切です。
 これらはいずれも妊娠中だけでなく、生涯大切な栄養素ですから、ふだんの食生活の中でバランスよく摂取できるようにしたいもの。葉酸はサプリメントなどを活用してもよいでしょう。その際は必要摂取量など表示を確かめ、とり過ぎに注意しましょう。

赤ちゃんの水分補給

ミネラルウォーターは軟水を
 赤ちゃんの栄養源は母乳または育児用ミルクです。育児用ミルクを調乳する際に、ミネラルウォーターを用いるお母さんもいますが、赤ちゃんの腎臓に負担をかけず、粉ミルクのミネラルバランスを損なわないのは「軟水」です。表示をよく確かめて使うようにしましょう。
母乳や育児用ミルク、離乳食以外の水分補給
 基本的に授乳期の赤ちゃんには、母乳または育児用ミルク以外の水分補給は必要ありません。でも、赤ちゃんが汗をかいたときや入浴の後など、のどが渇いているようであれば、水分補給をしてあげるとよいでしょう。その場合は水や麦茶などの甘みや刺激のない飲みものを与えます。
 からだによいからと市販のスポーツドリンクを赤ちゃんにも飲ませようとするお母さんやお父さんもいますが、注意が必要です。スポーツドリンクなどは糖分や塩分を含むので、与えすぎると肥満やむし歯の原因になったり、腎臓に負担をかけたりすることもあります。
 離乳食がスタートしたら飲みものの幅も広がりますが、糖度の高いものは食欲に影響したり、肥満やむし歯の原因になったりすることもあるので、与えすぎないようにしましょう。
体調が悪いときには
 発熱や下痢、嘔吐など、赤ちゃんの体調が悪いときには市販の子ども用イオン飲料などを適量、利用してもよいでしょう。ただし、体調が回復したらやめ、習慣化しないようにしましょう。下痢などの場合を除けば、水分補給は白湯(湯冷まし)や水、麦茶(ベビー用)でよいとされています。ミネラルウォーターを利用するならこの場合も「軟水」を選びましょう。
▼商品 ▼企業
お米で作った純なお酢 お米で作った純なお酢 ミツカン