Mother,Child,Family,Healthの歴史を創造する

e-mono e-情報

歯のケア

家族そろっての歯のケアが大切

妊娠中は口腔のケアも十分に
 妊娠中のからだにはさまざまな変化が起こります。粘膜が敏感になり、傷つきやすくなるのもその一つ。口腔内も例外ではありません。加えてつわりなどによる食生活の乱れや歯みがきの不十分などが、むし歯や歯周病を引き起こすことがあります。妊娠中はふだん以上に注意してきちんと歯みがきをすることが大切です。また、できれば妊娠初期1回、安定期に1回、出産後は毎年1回の歯科健康診査を受けましょう。
歯周病と妊娠の関係
 ごくまれにですが、歯周病の原因となる菌が血液を介して子宮や胎盤にまで運ばれ、早産などを引き起こすことがあるといわれています。歯周病予防のためにも、日ごろから歯のケアをしっかり行い、口腔内を健康に保ちましょう。
赤ちゃんの歯を守るために
 お母さんの歯の健康は、生まれてくる赤ちゃんの歯の健康にも関係しています。というのも、乳歯の芽(歯胚)はすでに母体内にいるときにできるのですが、お母さんが適切な栄養をとらないと、乳歯の表面(エナメル質)が十分に形成されないことなどもあるのです。
 また、もう一つ、むし歯は歯垢にミュータンス菌などのむし歯菌が作用してできますが、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、ミュータンス菌などむし歯の原因菌は存在していません。むし歯の原因菌は、実は親からうつると考えられているのです。 親が用いたスプーンやはしなどで子どもに食べさせてはいけない、離乳食を口うつしで与えてはいけないといわれるのも、これが理由です。
 乳歯はむし歯になりやすく、むし歯になるとものがうまくかめなくなったり、永久歯の歯ならびが悪くなる原因にもなります。2~3歳までにむし歯菌が子どもの口の中に住みつくことがなければ将来むし歯になる可能性を減らすことができるといわれますので、赤ちゃん時代から子どもがいやがらず楽しく歯みがきできる練習をするほか(79 ページ参照)、お母さんやお父さんの 口腔内のむし歯菌を減らすことが大切です。
 また、不規則な食生活をあらためる、こまめに歯みがきをする習慣をつけるなど、妊娠中から、家族そろって口の中の健康を保てる環境をつくりましょう。正しい歯のみがき方や口腔ケアを、歯科医などから指導してもらうといいでしょう。